国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)および国立大学法人 九州大学と共同研究を開始しました

国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)および国立大学法人 九州大学と共同研究を開始しました。低濃度CO2の低コスト分離・濃縮・貯蔵・利用装置の開発を目指します。本技術により有人宇宙探査における炭素循環を実現し、月面や火星で人類が長期間活動することができるようになります。また、地球上においても空気からCO2を回収し、これを有効利用できるようになります。